吸収力の盛んな時期 | 英会話を学ぶための環境は状況によって適したものを選ぶべき

英会話を学ぶための環境は状況によって適したものを選ぶべき

英会話の達人

吸収力の盛んな時期

大人になると実感

こどもに英会話を習わせる理由。それは、吸収力が大人と違って圧倒的に高いという点にあります。非常にシンプル極まりないこの理由こそが、何よりもこども向けの英会話教室が存在する理由です。
こどもの頃から英才教育を施す、というような言葉もあるほど、幼少期の教育は重要です。実際に吸収力が大人とは段違いだからこそ、英会話のような実践的なスキルはこどもの頃から成長させるべきです。
もちろん、大人のような理解力はこどもには無いかもしれません。ですが、こどもは素直な心で物事を受け入れる純真さを持っています。
大人になると純真な吸収力を無意識に忘れてしまって、理論的な部分がわからないと物事を習得できなくなる傾向にあります。ですが、子供はそうではありません。
頭で考えるのではなく、体を使って全身で学ぶのがこどもです。ここから生まれる圧倒的な吸収力の差は、大人にはなかなか真似することができません。
英語という座学は、こどもには難しいでしょう。仮定法や時制など、論理的な語学の側面をいきなりこどもに説いて頭で覚えさせるのは酷なことです。
ですが、英会話なら話は違います。人間のコミュニケーションの根底にある、言葉をかわすという行為。これは、日本人が自然と日本語を覚えたように、経験によって成長します。朱に交われば赤くなるという言葉があるように、悪い言葉が流行っているグループで育つと言葉遣いも悪くなりやすいです。
そこから導き出される答えは、英会話という形ならこどもの頃から純粋な気持ちで向き合って経験するだけで習得できるということです。
将来的な英語力の礎となる、言葉を使いこなす力。余計なものを見知って頭が固まってしまった大人よりも、こどものほうがその吸収が早いのは自然なことです。
だからこそ、親が英会話を習得させるための教室に早い段階から通わせることは、欠かせないといえます。